問題 1 of 17

関数

関数は、2つの数の関係を表したもの

箱\(f\)に何かの値を入力すると、計算されてもう一つの値が出力されるとき、\(f\)の入力と出力の関係を表したものを関数と言います。

図の例では、入れた数が2倍になって出てきます。一般的に考えると、「\(f\)に\(x\)を入れたら\(2x\)になる」ので、これを\(f(x)=2x\)と表します。

出てくる値は必ず1つ

関数は、入れた値と出てくる値が必ず1対1になっていなければいけません。

\(f(x)= \pm x\)は、1つの入力に対して2つの値が出てくるので、関数とは言えません。

やってみよう!

次の値を求めなさい。

\(f(x)=x^2-2\)のとき、\(f(0)\)、\(f(3)\)、\(f(-2)\)

値を代入して計算する

この関数は「入れた数を2乗したあと、2を引いて出力する」関数です。

0, 3, -2をそれぞれ\(x\)にあてはめて計算します。関数の\(x\)に数を当てはめることを代入と言います。

これが解ければOK!