問題 1 of 14

情報の可視化

ここに注目!

  • 新しいアイデアを思いつきたいとき、どのように考えればよいですか?

アイデアの収集

問題解決のためには、様々な情報を収集・分析することが必要です。ブレーンストーミングは、アイデアを思いついた順に言葉で書き出して、問題解決に必要となりそうな情報・解決策の案をたくさん集める手法です。

ブレーンストーミングのルール

ブレーンストーミングには、4つのルールがあります。

  1. 質より量: アイデアの良い悪いは問わず、とにかくたくさんのアイデアを出す
  2. 制約を設けない: テーマに関係しそうなことならどんな奇抜な発想でも受け入れる
  3. 便乗の奨励: 他人の意見を参考にさらに発想を広げるアイデアも歓迎する
  4. 批判の禁止: 批判すると相手が萎縮してしまい発想の範囲が狭まる恐れがある

アイデアの整理

ブレーンストーミングで得られたアイデアは、整理し可視化することで、問題解決に有益な情報となります。アイデアを整理・可視化する方法としては、以下のようなものが有名です。

  1. KJ 法: 類似のアイデアをグループにまとめる方法
  2. コンセプトマップ: 関連するアイデアを線でつないでいく方法
  3. ロジックツリー: アイデアを分解して細分化していく方法

このほかにも、フレームワークと呼ばれる、特定の問題・課題に特化した整理手法もあります。代表的なフレームワークには、SWOT、3Cなどがあります。