問題 1 of 17

定義域と値域

関数を目盛りの上に表したものがグラフ

関数に入力する値を横の目盛りに、関数から出てくる値を縦の目盛りにとって、図で表したものがグラフです。

図のように、1次関数のグラフは直線になることが分かります。

\(x\)の範囲が定義域・\(y\)の範囲が値域

関数の中には、入力・出力できる値の範囲が限られているものがあります。

関数に入力できる値の範囲を定義域、関数が出力できる値の範囲を値域と言います。

やってみよう!

次の関数の値域を求めなさい。

\(y=2x-1\) \((-1 \leq x \leq 3)\)

グラフを描けば、値域がわかる

\(x\)の範囲である定義域は問題で与えられています。この定義域の範囲で、グラフを描いてみると、\(y\)の範囲である値域は一目瞭然です。

これが解ければOK!