コースに戻る

SDGs入門 2030年の未来は?

0% 完了
0/12 ステップ
セクション 1 of 10
学習中

未来を変える17の目標

Q. 答えられますか?

「SDGs」とは何ですか

SDGs

「SDGs」は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を略した言葉で、2030年をより良い世界にするための世界共通の目標です。

2015年9月にニューヨークで開催された「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」という文書の中で定められています。

17の目標

SDGsは「誰一人取り残さない(Leave no one behind)」をキーワードに、貧困、エネルギー、労働、健康、まちづくり、環境などに関する17の目標で成り立っています。

SDGs以前、国連の開発の取り組みは、主に「先進国が開発途上国を援助する」という考え方に基づいて行われてきました。一方SDGsは、先進国と開発途上国共通の目標と位置づけられていて、先進国も目標の達成に取り組む必要があることが、過去の取り組みと大きく異なる点です。

国連のSDGs公式Webサイトでは、SDGsの目標それぞれについて、詳しい解説を行っています。興味のある目標を1つ選び、その背景を詳しく調べてみましょう。

  • どんな目標ですか?(目標のタイトル)
  • どんな課題の解決を目指していますか?

169のターゲット

17の目標には、それぞれに具体的な「ターゲット」が設定されています。ターゲットは全部で169あり、1つ1つのターゲットに、達成度を測定するための指標も定められています。これらのターゲットと指標を調べることで、SDGsの達成に向けた具体的な取り組みの計画を立て、達成状況を評価することができます。

総務省のWebサイトでは、ターゲットと指標の日本語訳(仮訳)を公開しています。169のターゲットの中から、あなたが特に大切だと思うものを1つ選び、その理由を説明してみましょう。

セクション内容